SDGs達成に向けた取り組み

SDGs達成に向けた取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは
SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された文書「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された17の目標と169のターゲットからなる2030年までの国際目標です。

株式会社成和は持続可能な社会を目指し、SDGs達成に向けた取り組みを進めています。
私たちの目指す最初のゴール
当社の生産ラインでは、従来からの製靴方法で有機溶剤が含まれる接着剤などを使用しています。

そのため法基準をクリアする局所排気装置と外部排気ダクトを設置することによって人体や社外環境への負荷を最小限に抑えるように対応し、年2回の有機溶剤健康診断などを実施しています。

2021年販売開始のPRETA flexブランドでは、インステッチ製法(靴の甲材とソールを縫いつける)を開発し、有機溶剤不使用で生産可能になり、社内外ともにクリーンな環境つくりを進めています。また企画段階から製品を作る過程でのパーツや工程を減らすことで、廃棄物の削減に努め、エネルギー使用の削減や梱包箱などは再生紙を使い、資源の効率的な使用を促進しています。

私たちの製品は品質と持続可能性を両立し、お客様に快適で環境に配慮した製品を提供します。
モカシンシューズを作りはじめて20年
創業1960年の株式会社成和のモカシンシューズ歴史については以下ページでもご紹介していますので合わせてご覧ください。

Copyright © 2024 SEIWA All Rights Reserved.